打倒!上杉謙信

今日のケータイ国盗り合戦の旅は金沢観光からスタートです。

朝、金沢駅に着いたら、金沢駅が高架化して今日で利用者が3億人になるそうで、駅員総出という感じで出迎えてくれた。さすがに3億人目にはならなかったが、駅員さんからお祝いの紅白饅頭をもらうことができた。幸先が良い感じ。

金沢では、まず最初は金沢21世紀美術館を訪問。現代アートを扱う美術館だが、美術館革命、奇跡の美術館と呼ばれる工夫で年間130万人もの人が訪れている(普通の美術館なら年間5、6万人程度)ことで話題の美術館だ。今日も大勢の人が来ている。子供もいるし、年輩の方もいる。幅広い年齢層が気楽に来ている感じだ。
次は9月20日にリニューアルしたばかりの石川県立美術館。お洒落なカフェが併設されて地元では話題らしい。リニューアルオープン記念企画の「法隆寺の名宝と聖徳太子の文化財展」と常設コーナーの国宝「色絵雉香炉」「土佐日記」を見物した。
その後、香林坊へ移動し、武家屋敷跡を見物。昔の面影が残っていて良い感じ。

金沢観光も終え、金沢駅から直江津駅行きの列車に乗り、ケータイ国盗り合戦を再開です。まずは富山駅で富山城を水攻めの大勝利で攻略。そして富山駅を出発してすぐの東滑川駅で、魚津城を力攻めの大勝利で攻略と連続して城盗り。

そして富山県を抜け、新潟県に入った所(上越エリア)で上杉軍総大将・上杉謙信との最終決戦に挑み、ついに上杉謙信を撃破。そしてレベル3の一日天下「謙信の勢力に猛攻せよ」達成の功績により、毘沙門天の称号を獲得しました。あとから貰える限定アバターは、どんなものかな?頭巾かなぁ

画像

さらに終点の直江津駅の手前で春日山城を火攻めの大勝利で攻略して、直江津駅に到着。直江津駅から長野駅経由のルートやほくほく線経由で越後湯沢駅に出るルートなど、帰宅するルートはいくつもありますが、今回は信越線で長岡駅に出て帰宅することにしました。